月別アーカイブ: 2018年4月

LINEでセフレを作る

私はLINEでセフレを作る友人にセフレを作ったらいいのにと言われました。友人はLINEでセフレを作る時は生き生きとしています。友人がLINEでセフレを作る姿を見て私はいつも不思議に思っていました。どうしてセフレを作るのがそんなに楽しいんだろうと。私には彼氏がいたので、セフレを探すつもりはありませんでした。少なくともその時は。しかし、彼氏にもセフレがいることが発覚し彼氏と喧嘩になり、彼氏との間で新しい取り決めをしました。彼氏もセフレを作るなら私も作るという取り決めです。彼氏は私にはできないだろうと思っているのかそれでもいいと言っていました。
セフレと割り切り
それで、別れることにはならなかったのですが、私も言った手前、後には引けず、セフレを探すことにしたのです。それで、LINE掲示板で探すことにしたのですが、セフレってどうやって探していいのかわかりませんでした。友人は初めからオープンに言った方が後が楽だと言っていたので、セフレを探していると知り合った男性に話すと、ひく人もいれば乗ってくる人もいました。それで、乗ってきた人と会うことになりました。私はこんな感じで男性と会うのは初めてだったので、怖くて仕方がありませんでした。でも会ってみると良い人で、この人なら大丈夫かも…と第一印象で思いました。それから、会った日にホテルに行ったのですが、彼氏とのセックスにはない良さがありました。私は、セフレの良さをその時に初めて知ったのです。
クリ調教
クリトリス吸引

愛人契約

車の運転が大好きです。だから、車の運転が出来る仕事をやりたくて女性では珍しいタクシーの運転手になりました。酔っ払いの人を乗せるとたまに口説かれたりするけれど、大好きな運転でお金が手に入るから私に合う仕事でした。

そんなある日、デパートであるお客さんを乗せました。その人はお金持ちの雰囲気を感じさせるような人でした。高級そうな腕時計。バックもブランド。髭も生えてダンディな感じでした。「女性のタクシードライバーは珍しいね。しかも若くて可愛い。」「ありがとうございます。」「これからタクシーを呼ぶ時は君を呼ぼうかな。」「ありがとうございます。」目的地の場所が着くと「お釣りはいらない。」と言って一万円をくれました。その後も何度かそのお客さんを乗せると次第に仲良くなりました。「タクシードライバーにしとくのはもったいない。
愛人 募集
私と愛人契約をしないか。そしたら働かないですむよ。」「冗談はやめてください。」「私は本気だ。愛人契約を君と結びたい。君が気に入った。」乗るたびに愛人契約の話をされて本当に心が揺れていたその頃ですした。私はお客さんに女性だからという理由で車内で襲われそうになりました。ただ、運転中と言うこともあって私のハンドルが乱れて電柱にあたり怪我はしませんでした。そしてそのお客さんはその場から逃げ去りました。怖いことが起きてから私はタクシーの仕事が恐怖で出来なくなり、楽してお金が入るならと言う理由で彼の愛人になりました。
パパ活アプリ
デート援